ゴルフの飛距離とシャフト交換

私は今年でゴルフをはじめて15年になります。

身長は低いのですが、昔はとにかく飛距離にこだわりたくてドライバーも、アイアンもどうやったら遠くに飛ぶのか研究して、素振りをしていました。

もちろん、こうした飛距離を追い求める状態は曲がりも大きく、スコアにも大きな影響を与えることになります。

もちろん、スコアも100切りを果たし、さらにスコアアップをするためには飛距離よりも方向性、距離の感覚だということは理解していたのですが、なかなかそこに割り切りができないままここまで来てしまいました。

これからは年齢とともに筋力も落ち、飛距離も落ちてくることが予測されます。

こうなったときには、無理に飛距離を維持することなく、スコア重視のゴルフに切り替えていきたいなと考えています。

もちろん、最低必要な飛距離は維持しなければ、スコアがまとまりませんのでバランスを重視しています。

もちろん、これからも飛距離は徐々に落ちてくることでしょう。

ところで、せっかくゴルフクラブを買ったのに、どうもうまく打てないということがあります。

じっくり調べて買った場合でも、試打をしていない場合は特に失敗してしまうことがあります。

それは、シャフトが自分のスイングに合っていない可能性があります。

そんな時は、思い切ってシャフトを交換してしまいましょう。

ヘッドは同じでもシャフトによって、つかまりやすさや上がりやすさが驚くほど変わります。

クラブそのものを買い替えるとなるとかなりの出費になってしまいますが、シャフト交換はそれよりも安く仕上げることができます。

シャフト交換は、お店で行ってもらうので、スタッフとよく相談する必要があります。

どんな症状で、どのように改善したいのか、他のクラブのセッティングはどうなっているのかをきちんと伝えることができたなら、最適なシャフトを紹介してくれるでしょう。

もしかすると希望するシャフトが中古として置いてあるかもしれません。

中古なら料金はさらに安くなります。

いずれにしてもゴルフショップでは、お店の人と仲良くなるのは大切ですね。

Google女性向けエステ.comマッサージのリアル口コミ.com住宅リフォーム総合情報英語上達の秘訣英語上達の秘訣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です