ゴルフのグリップの交換の目安と重要性

ゴルフをする上で、ゴルフクラブは使い込めば、ヘッドやシャフトが傷ついてしまい、中古クラブを購入するときは傷を確認する事が肝要です。

ゴルフグリップは、時間が経てば劣化する消耗品で、クラブのパーツの中で、比較的安く購入出来るパーツなので、今のグリップが自分に合っているかを見極めて、交換する事が良いです。グリップ交換の目安としては、使用頻度にもよりますが、1年半から2年半で確実に劣化が感じられます。

グリップを変えるとクラブ性能を発揮して無駄なく力をなくしてスイングを向上させ、方向性が安定して飛距離をアップ、ヘッドスピードが上がるなども期待できます。グリップを変える目安としては、グリップの表面に光沢が出て滑りやすく、素材自体が硬いと感じる、左手の親指部分など一部だけがくぼんでいたら、交換の目安と考えた方が良いです。

グリップの使用感は大きくスコアに影響する事があるので、自分にしっくりくるグリップを交換する事が肝要です。

また、パターのグリップについても色々なものがあります。

フィーリングを重視したり、方向性や距離感を重視するパターグリップもありますのでショップでしっかりと感触を試してみることも必要です。