転がす事を意識してゴルフのアプローチの練習をしましょう

ある程度ゴルフの練習をしてコースを回る事ができるようになったら、次は細かい部分を練習していかなくてはなりません。

どんな部分を練習しなくてはならないのかと言いますとアプローチになります。

グリーンの少し手前に自分の打ったボールが落ちてしまった場合は、パターではなくアプローチをして少しでもカップに寄せなくてはなりません。

まだあまり上手く無い方の場合は、アプローチをする機会が少なく練習をする必要が無いと考えてしまいますが、上手くなってくると狙いすぎてグリーンの少し前でボールが止まってしまう事もあります。

この際に必要になるので、なるべく早い段階で練習をするようにしましょう。

練習をする際はパターと同じように転がす事を考えなくてはなりません。

少しでも高く打ち上げてカップに近づけたいと考える方もいますが、それではオーバーしてしまったり、かなり手前で止まってしまう事が多くなります。

転がして近づけると言う部分を意識するようにしましょう。