ゴルフのオフグリーンパッティングについて

ゴルフのコースで、ボールがグリーンをこぼれてカラーも通過して、ラフに入って止まってしまうことがよくあります。

こんな時は、オフグリーンパッティングを行いますが、パッティングと言っても、この場合使うのはパターではなく、アプローチで良く使用するサンドウェッジです。クラブを短く持ち、パターのように吊って構えます。トウ側の下端の三角の部分が真下にくるので、その部分をボールの後ろにセットします。

あとはパッティングの要領でボールを打つだけと簡単で、ヒール側を浮かせることで、ラフの芝の抵抗が少なくなるので、ヘッドがスムーズに抜けます。ロフトがあるので、ボールが適度に上がって、簡単にグリーン面に落とすことができるのが特徴です。欧米ではよく使われ、割とスタンダードなテクニックである。

ゴルフのコースを回っている時にオフグリーンパッティングを知っていれば自分の中の武器となるので、方法をしっかり理解する事が肝要です。