知っておきたい最低限のゴルフのペナルティー

ゴルフには、多くのペナルティーが存在しています。

その中で、最低限知っておくべきなのは以下の物です。

一つ目は、「OB」。

これは「アウト・オブ・バウンズ」の略で、ホールとして定められた範囲の外にボールを打ってしまった場合に発生します。

設定されているのは、たいてい林の中などボールが打ちにくい所です。

1打罰となります。

二つ目は、「ウォーターハザード」。

打ったボールが、池に入ってしまった時に発生します。

これも一打罰です。

三つ目は、「空振り」。

これ自体は0打罰ですが、空振りした分は加算されます。

つまり、1回空振りして2回目で打てたのであれば、「2打」ということになります。

四つ目は、「グリーン上でマークせずにボールを拾ってしまう」。

グリーン上ではボールを拾うことができますが、その際にマークしないと1打罰となります。

五つ目は、「バンカーの砂にクラブが触れてしまった」。

バンカー内で、ボールを打つ前にクラブが砂に触れてしまうと、2打罰となります。