ゴルフのラフでのショットでの勘違い

普段コースでプレイする時のゴルフコースのラフの長さは、30ミリから40ミリと言われています。

それでもティショットがラフに入ってしまえば、ウェアウェイから打つショットと比べると難易度が高くなり、スコアにも大きく影響する可能性があります。ラフにボールが入ってしまった時、アベレージゴルファーの多くは、芝の抵抗に負けない様に、グリップをしっかりと握り、上から強くブローに打ち込む傾向があります。

ノールの手前のラフに食われてしまい、クラブフェースがコントロール出来ずに、ボールがどこに飛び出すか分からない事から、握りが強くなってしまい本能的にクラブフェースを被せるゴルファーが多いのが特徴です。ラフからショットでは、ダウンブロ―に打ち込むよりも、払い打ちが良く、インパクトでの芝の抵抗は軽減されて、安定したショットが打ちやすくなります。ラフにも多くの種類があり、芝の伸びぐらいによって打ち方が変化します。

ラフでの打ち分けが出来る様に理解する事が肝要です。