ゴルフのプレー不可能な宣言について

木の支柱や石垣がじゃまな場合、パークゴルフは、ボールはあるがままの状態でプレーしなければなりません。

しかし、現実にはさまざまな障害が生じて、ボールを打てないこともあります。めったにないことですが、ボールが木の枝にひっかかってしまったり、木の根の間やくぼみに入ってしまったり、まれには他のホールにカップインするときもあります。また、OB杭やネット、樹木などが障害となることもあります。障害物などによってボールが打てないと判断したときは、アンプレヤブルというプレー不能の宣言をします。

アンプレヤブルを宣言すると、2打が加算されますが、ボールが止まっていた位置から、2クラブ以内のカップに近づかないところに置きなおすことができます。ボールが木の上などにある場合は、その真下を基点にして置きなおします。動かせない障害物を動かしたり、木の枝を折ったり、曲げたり、枝を持ってもらうなど、他人の助けを借りてもペナルティが課せられます。

そのまま打つか、打てないから移動すると、アンプレヤブルを宣言してプレーを続行します。