ゴルフのティペッグの特徴について

ゴルフのティペッグとは、ティーショットの際にボールを乗せる球座の事で、木製とプラスチック製とがあり、いろいろな形状のものが市販されています。

ティーアップをするならなくてはならないものです。

最近は、ロングティーといわれるとても長いペグやスプリングのついたものもあります。

ロングティーは、なるべくティーの高さを高くして、飛距離を稼ぐために使われます。使いこなすのは練習が必要です。

ティーショットはアッパーブローで打つのが飛距離の面でよいです。

多くのアマチュアプレイヤーにとって、アッパーブローを意識しすぎると、スイングを崩してしまい、 あおり打ちの悪癖がついてしまう危険性があります。

ティーアップの高さはまずは低めで慣れることをおすすめします。

ティペッグを使用して飛距離を出すためには、練習場などで練習する事が肝要です。

ティのバリエーションも多く販売されているので、手に取って自分のイメージを膨らまして購入する事が良いです。