ゴルフクラブのウッド

ゴルフクラブのウッドを選ぶときの私のチェックポイントです。

ウッドはアイアンを選ぶときよりも細かくチェックするポイントがあります。

ウッドは、アイアンよりもはるかに遠くに飛ばさなくてはいけないので、ちょっとした方向ミスでも200メートル先では大きな差になってしまいます。

林の中に入ってしまっては成績の致命傷となってしまいます。

年期の入った人のウッドに対するチェックのポイントはものすごく微妙なもので言葉で説明するのはすごく難しいです。

フェースの向きについてですが、フェースの方向が、削りによって生まれたものか、シャフトを差しこむ穴の方向なのか、ソールの方向かのチェックをします。

フェースの高さは、側面から見た時に、ディープ、スタンダード、シャローに分類されるのですが、同時にフェースに平行するヘッド上部の曲線や傾斜もあるのです。

シャフトの位置と顔の位置もチェックします。これをプログレッションといいます。